r-1.png

コロナ禍で働く環境が大きく変化し、テレワークや本業と副業をこなすWワーカー、自宅でオンライン配信やECサイトの運営など多様化しています。
これまでのリフォームはもちろん、自宅で集中できる働く為のスペース確保、環境作りなど考えなければいけない項目はたくさんありますが、トータル的にサポートさせて頂きます。

r-2.png

住宅リフォーム

s_before.jpg
t-2.png
after.jpg
t-3.png

今回は、主に自宅でテレワークをする環境をどのようにしたら良いかをご説明していきますね。
1.  オンライン配信を目的とした部屋作りではどのような点に気を付けた方が良いのか?
2.  ECサイトを運営する場合の注意点
3.  一般的な事務作業を行う場合のリフォーム

​内装リフォーム

Point 1

オンライン配信の部屋つくり

オンライン配信で注目したい点は窓が無く壁一面になる部分を作るようにしましょう。そこがメイン舞台となる為、そこからの家具や机、照明器具などの配置を決めるのが良いと思います。広さの目安は6畳以上が好ましく、カメラアングルの端に観葉植物を置く事も可能になります。
また、カメラ映像の背面になる壁は白が良いのか?あるいは背景布としても使えるグリーンスクリーン色のクロスにするかを決めていきます。
最近のカメラはホワイトバランスや照度の精度が良くなっていますが、出来るだけ照明は、少し明るめで昼光色か昼白色が無難だと思います。上記に加え、生活音が聞こえないよう壁には防音シートを入れ、部屋の出入り口の扉は、鍵かかかるようにし、外から今ロック中だと言う事が一目でわかる仕様の鍵を取り付けると、家族が不意に入っきて配信が台無し…と言う事もなくなるでしょう。

S__11509770-2.jpg

Point 2

ECサイトを運営する部屋つくり

ECサイトの運営を行う場合、商品の撮影をその部屋で行う場合Point 1 で紹介した内容を取入れながら以下点にも注意します。
ECサイトの場合、パソコンの台数が増えていく事が想定される為、その部屋までのインターネット環境を充実させる必要があります。
Wi-Fiではなく、LANケーブを部屋まで引き込む。そしてとにかく壁面にコンセントを多く取り付けた方が良いでしょう。(たこ足配線防止)

後々、電話対応が必要になる可能性もあるので、電話機を接続出来るコンセント
を予めつけておく事をお勧めします。

point2.jpeg

Point 3

一般的な事務作業を行う部屋つくり

一般的なテレワーク業務を行う部屋は、4.5畳未満でも十分なスペースと言えるでしょう。その部屋までWi-Fiが届き、コンセントが壁に4口ほどあれば問題ありません。
しかし、プリンターやシュレッダーなど家電製品が増える可能性もあるので、各壁面に4口のコンセントがあれば十分使える部屋になると思います。
机の配置は、自分が座る背面に窓が無い方がZoomなどテレビ会議を行う上では有効です。

point3.jpg